チャービルの通販価格を比較し「1つだけ」厳選紹介!

繊細な葉が,ケーキの飾りにいいなあと思って購入。秋に種を購入。収穫春頃より間引きを兼ねて、茎・葉を摘みとり、収穫します。

いまオススメの商品♪

2017年04月04日 ランキング上位商品↑

チャービルチャービル 【郵送対応】

詳しくはこちら b y 楽 天

オマケは嬉しかったです。袋も可愛いしおまけもついてました。最初あまり香りがしなかったけど!明るい日陰ですくすく育てたらすごくいい香りになりました。フィーヌゼルブを作ろうと思って買いました。本葉が4〜5枚になった頃、鉢などに定植します。食べるときは火を通すと香りが飛ぶから火を止めてから散らしたりするといいらしいですよ。なんか、パセリより繊細でおいしいです。魚!鶏肉料理やスープ!サラダなど利用範囲も多彩です。(多湿を好む)9月に植えてもう食べてます。育てやすいことも魅力のひとつです。加熱により風味が劣るので!料理の最後に加えるようにします。フランス料理によく利用されるハーブで!さわやかでマイルドな甘い風味があり!パセリーと同じような使い方をします。発芽を楽しみにしています。育て方種は苗床にまき!軽く土をかけ!発芽するまで水を与えます。)開花時期: 6月〜7月頃 利用部分: 葉 収穫: 葉が大きくなってから順序良く収穫してください。あとは移植を嫌うらしいので注意しました。水やり: 土が乾かないように十分与える。3月になって種まきをし、1ヶ月でボウボウに育ちました!ケーキの飾り以外においしい食べ方知りませんか?サラダにすると甘いような味と独特の香りが嫌なんです…やっぱり飾りにしかならないのかなぁ???。学名: Anthriscus cereifolium科目: セリ科/1年草原産地: ヨーロッパ中部〜東部、西アジア別名: ガーデンチャービル 和名: ウイキョウゼリ 仏名: セルフィーユ 草丈: 30cm〜50cm発芽適温: 15℃〜20℃ 花言葉: 誠実、正直 播種時期: 春3月〜4月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。花穂が風に揺れている優しい感じが好きです。利用法さわやかでマイルドな風味は、卵、魚、肉料理に最適。適した場所: ひなたより、やや日陰のいくぶん湿った涼しい場所。良い景観を期待しています。まだ育ててないので星4つですが,発芽適温さえ守れば年中植えられるみたいなのでやってみます!良質な種だと思いますが!ちょっと少なかったです。葉を長く利用するには、花を摘みとって下さい。